1. HOME
  2. ブログ
  3. 既婚者の子持ちの恋愛!必ず知っておくべきこと。

既婚者の子持ちの恋愛!必ず知っておくべきこと。

既婚者子持ちとの恋愛

【この記事を読む前に】
良い恋愛は自分を磨くことから。
しかし自分磨きにはお金が掛かる。効率的にお金を用意したいですよね。
培ってきたスキルを活かしてタスカジで家事代行のお仕事しませんか?最高時給¥2,100円で稼ぎませんか。
高時給であなたの時間を無駄にしない。身分磨きで恋愛成功率アップ!


もし相手が既婚者でしかも子持ちということが判明したら。
普通の人であればかなりのショックを受け、すぐにでも別れ話に発展しますよね。

ただ、ちょっと待ってください。この状況って実はかなりのチャンスであるケースの多いのです。
また、逆のパターンとして、あなたが既婚者子持ちで夫以外の男性と恋に落ちてしまった場合も考えられますね。

本記事は、

1.既婚者の子持ちとの恋愛はまたとないチャンス
2.あなたが既婚者子持ちの場合はタイミングを考慮するべき

ということを43歳バツイチClassyLady専任アドバイザーのナツ子が解説致します。

ナツ子
ナツ子
既婚者子持ちとの恋愛。こんな恋愛をするなんて私も大人になったなぁと自分で感じました。

①既婚者の子持ち男性と恋愛する場合

既婚者子持ちの恋愛の難しさ

ほとんどの人が既婚者で子持ちの男性との恋愛は躊躇するでしょう。
それなりに大きなハードルもありますし、世間体としてもやや風当たりが強いかもしれません。

しかしそれだけに、その恋が実ったときのパートナーとの絆や愛は相当に強固なものとなります。
以下で具体的に説明しますね。

既婚者子持ちとの恋愛をする上でのハードル

既婚者の子持ち男性と恋愛をしている女性のために、具体的なハードルをお伝えしておきましょう。

1.養育費を払う可能性がある。
晴れて彼との恋が実り、結婚できたとしましょう。しかしその場合は彼と元奥さんとの間に養育費が発生している可能性があり、その金銭的な負担があなたとの生活に影響を及ぼすことがあります。

2.子供と馴染めない可能性がある。
彼が連れてきた子供が小さければ良いのですが、うまく懐いてくれない可能性もあります。
また、他人の子供ということで手のかかる育児を乗り越えていく精神的なモチベーションも
途中で切れてしまう恐れがあります。

3.世間体的に”略奪婚”と思われる恐れがある。
ケースバイケースなので何とも言えませんが、事情を知らない赤の他人が経緯だけを知ると、あなたが略奪したように捉える人も出てくるでしょう。あらぬ誤解を受けてストレスに感じる可能性があります。

彼自身も既婚者で子持ちという恋人には重い立場の人間ということを分かっている

彼だって、自分が既婚者でしかも子持ちという立場でありながら、あなたと恋愛をしていることの重々しさには気づいているはす。むしろ一番分かっているのが彼本人でしょう。申し訳ないという気持ちもあるはず。

しかし、そのような境遇であなたとの恋愛関係でいるのですから、彼の覚悟だって生半可では無いはず。
むしろ重々しい立場の彼を受け入れてくれたあなたには、絶対に感謝しているし今後も大切にしていくはずです。

女性は何だかんだ言って、あなたを大切にしてくれる男性と一緒になった方が最も幸せになれるのです。
大変ハードルを乗り越えたからこそ得られる大きな愛情や、大好きな人との平穏な生活で、本当の幸せを感じれるのではないでしょうか。

②あなたが既婚者子持ちで夫以外の男性を好きになってしまった場合

既婚者子持ちなのに夫以外を好きになる

このパターンは非常に難しいですが、あなたの置かれている状況で判断するしかないです。
具体的には子供の状況によって判断を分けましょう。

パターン1:子供が幼くまだ手が掛かる

この場合は、残念ですがすっぱり諦めて育児に専念しましょう。
子供が手が掛かる時期に母親が育児以外のこと、ましてや他の男との時間を費やしている状態というのは望ましくないことです。あなたの基盤は家庭であることは間違いないので、早く家庭を安定させるように育児に専念しましょう。

パターン2:ある程度子供が成長してあまり手が掛からない

この場合は、徐々に時間的にも精神的にもゆとりが生まれているので、あなたの時間を楽しんでも問題ありません。
言うまもないですが、くれぐれもバレないように油断せずに楽しみましょう。

の段階になると、あなたが魅力的であったり機嫌が良いことが家庭にもプラスの影響を与えるものです。

まとめ

今回は「①既婚者の子持ちの男性と恋愛する場合」と「②あなたが既婚者子持ちなのに夫以外の男性と恋愛する場合」とで分けて解説を致しました。どちらも高いハードルは付きものですが、それらを乗り越えた時の幸せというのはまた格別なものです。

二人の強い愛情でうまく乗り越えていきましょう。

関連記事