1. HOME
  2. ブログ
  3. 既婚者にとっての恋人とは?【社会通念や常識の中に本当の幸せは存在しない】

既婚者にとっての恋人とは?【社会通念や常識の中に本当の幸せは存在しない】

既婚者にとっての恋人

既婚者なのに(夫以外の)恋人男性を持つ女性は増えています。一体なぜ既婚女性が夫以外に恋人を作る必要があるのでしょうか。またその恋人は既婚女性にとってどんな存在なのでしょうか。

この記事を読むことによって

既婚者なのに恋人を持つ女性の心理とそのメリット

が分かります。

なお、この記事は恋愛経験豊富な43歳バツイチのClassyLady専属アドバイザーナツ子が解説します。

ナツ子
ナツ子
よろしくお願いします!

夫は家庭という事業を運営する共同経営者のような存在

夫は家庭という事業を運営する共同経営者
妻にとっての夫とはどんな存在なのか、改めて考えてみましょう。
ぶっちゃけ、恋愛する相手だったり、一夜だけを過ごすためのお相手であれば、完全に顔だとか身体付きなどのオスとしての魅力で男性を選びますよね。

しかし結婚相手の時は相手男性の社会的魅力(社会的地位や年収、性格など)のオスとしての要素以外も含めて選んでいませんか。もしろオスとしての魅力は最低限(生理的に受け入れられる範囲)で、社会的要素の魅力で決めた方も多いはず。

つまり、あなたと”家庭”という会社を運営するにあたって、より役に立ってくれそうな共同経営者である必要があるわけです。もちろん、女性の人生において家庭を築くことということは、一大イベントであるためその意味で重要な存在であり、夫に対しての愛情もあるわけですが。

妻にとっての夫とはどんな存在なのか、という最初の問いかけに対しては、多くの女性にとって夫とは”家族”事業の共同経営者という側面が強いでしょう。

既婚者にとっての恋人とは、本当に好きな人

既婚者の恋人は本当に好きな人

独身女性は20代後半になると付き合う男性のタイプが変わってきます。
具体的には、より結婚を意識出来る男性を探すのです。

20代前半の頃ならすぐに付き合っていたイケメン男性であっても、20代後半になると「なんか遊んでそうだな」と警戒し、真逆の誠実そうな男性を選んだりします。あなた自身にもこんな経験ありませんか。

つまり独身女性の恋愛には、常にこれから”家族”事業を運営するため、その共同経営者としてふさわしい男性は誰だろう、という意識が常にあります。

一方で”家族”事業をほぼ経営し終えている既婚者女性のする恋愛にはこの打算がありません。
つまり、経済力は度外視して顔がタイプとか、その人間性に惹かれた、とかそのような選定基準で良いのです。

以上を踏まえると、既婚者の恋人とはあなたが打算なしに本当に愛することが出来る存在なのです。

誰も言わないだけで水面下では非常に増えている

大人の秘密

当然、この手の話はバレたら大変なことになるので絶対に人には言えませんよね。どんなに心許した長年の親友でさえ、打ち明けるのは控えた方が良いことです。

そのため、どれ程の既婚者女性が恋人を作っているのか、正確なデータは測りかねますが、私ナツ子の独自のルートで調査した結果、近年になって非常に増えております。

やはりSNSやアプリ等の便利なツールが増えてきた影響は否めませんし、女性はうまく隠すのが元々上手ですからね。

最近は家庭と恋人をうまく両立されて女としての人生を謳歌している方が増えております。あなたも人生一度きりですし、つまらない社会通念や常識に縛られずに後悔しない生き方にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事