1. HOME
  2. ブログ
  3. 百害あって一利無し!?小学生や中学生の時にスマホを持たせていいものか?

百害あって一利無し!?小学生や中学生の時にスマホを持たせていいものか?

今回は珍しく子供の教育について、
ご紹介したいと思います。

我々の子供の頃には存在しなかった、
”スマートフォン”をいつ与えて良いものか、
とても悩みますよね。

一見すると子供が小学生や中学生のように、
まだ十分に分別がつかない時期に
スマホを持たせることはデメリットしか
ないように思えます。

しかし一方で「デジタルネイティブ」と
言われる世代の我が子には、生まれた時から
スマートフォンに触れていたことで
得られる感性や感覚を身につけて
将来役にたてて欲しいという思いもあり、
中々判断が難しいかと思います。

今回は小学生や中学生の頃から
スマートフォンを持たせることについて
考えてみたいと思います。

子供にスマホを持たせるデメリット

何となく想像が付くと思いますが、
子供にスマホを持たせることのデメリットを
以下の通りまとめてみました。

1.ゲームや動画に熱中し、勉強時間が減ること。

これはミレニアム世代の頃からよくある話で、
YouTubeやスマホゲーム等に、
勉強や習い事などをする時間が削がれてしまいます。

当たり前ですが、
一日2時間動画やゲームをする子供と、
その時間を勉強やスポーツ等の時間に
当てる子供とでは将来大きな差が
ついてしまいそうですよね。

2.LINEなど、SNSでのトラブルや集団いじめ

今の大人には理解しずらいかもしれませんが、
SNSがいじめの温床になっているようです。

これがきっかけとなり、
命を落としてしまった子供も実際におりますので、
決して無視出来ないデメリットとなっております。

3.好奇心、実体験などの重要な刺激が減ること。

上記の1番と少し重なる内容ですが、
子供には旅行や実体験等を通じて得るべき経験が
非常に多くあります。

そういった有意義な経験をする時間が、
下らないゲームや動画に割かれてしまっては、
親として非常に残念ですよね。

4.歩きスマホによる事故。

歩きスマホによる事故は、意外に多く、
東京都だけで平成26年までの5年間に、
自転車を含む歩きスマホで、
152人が救急車で病院に運ばれています。

大人でもしてしまう歩きスマホですが、
子供でも尚更危ないですね。 

5.性、暴力、自殺など、有害サイトを見てしまうこと

Yahoo!ニュース意識調査調べによると、
子供や青少年がスマホ等を利用する場合、
犯罪などから守るためにどの分野の内容を
一番制限すべきかという問いに対し、
以下のような答えが出ています。

1位 ポルノ・アダルト 32.8% 2位 危険ドラッグ 16.0% 3位 暴力 14.5% 4位 自殺 12.8% 5位 匿名掲示板 11.6% 6位 SNS 9.7%

現在はインターネットフィルターが普及し、
有害サイトのブロック機能は
進化しているため以前よりは
心配はなくなりつつある状況です。

ただしフィルターの確実性は、
キャリアによって異な流ので、
スマホを子供に与える際は注意が必要です。

6.お金がかかること

キッズスマホは、通話、家族間メッセージ、
居場所把握(一部機種)の機能が目的で、
購入が検討されるケースが大半です。

お子さんが、家と学校の往復の生活から外れ、
塾や習い事を始めたり、公園やお友達のお宅を
訪ねるようになることが1つのきっかけです。
しかし、便利な反面、新たな出費にはなります。
金額の目安は以下の通りです。

子供にスマホを持たせるメリット

さて、多くのデメリットがあるスマホですが、
以下のような大きなメリットも存在します。

1.色々な情報を瞬時に知れる。

気になったことをすぐに検索できることは
スマホを子供に持たせることの大きな利点です。

辞書や紙媒体を漁って知りたい情報を
探し出すよりも大幅に時間短縮することが
可能であるため、好奇心のあるお子さんでしたら
驚くべき速さで学習していくことが可能でしょう。 


2.GPSで安心

やはり子供の位置を常に確認出来るのは、
非常に安心感がありますよね。

この機能だけでも良いので、
筆者個人としては必ず持たせたい機能です。

3.友達との繋がりが出来る

上記のデメリットの部分で述べたように、
いじめの温床になるリスクはあるものの、
良い方向に機能すれば、いつでも手軽に友達と
連絡を取ることができ非常に使い勝手の良い
コミュニケーションツールとなり得ます。

スマホをいつ持たせるべきか

以上、デメリットメリットを見てきましたが、
果たして子供にはいつ頃から
持たせることが良いのでしょうか?

おそらく今のご時世の状況ですと、
早ければ小学生頃から、
遅ければ中学生頃には
スマホを持たせて欲しいと子供から言われる
可能性が非常に高いですよね。

いずれの場合においても、
そのご家庭の状況や子供の性格等を
総合的に判断してく必要があると思いますが、
一つ言えるのはスマホとの付き合い方のルールを
きちんと定めて厳格に守らせることと思います。

親が子供の欲求を一切禁止してしまうと、
大人になってから爆発して逆に依存してしまう
人が少なくありません。

例えば、子供の頃に炭酸飲料を
親に厳格に禁止されていた子供が
大学生になり一人暮らしをしてから、
自宅に山ほどの炭酸飲料を置いて、
毎日飲みまくって見事な肥満になった例など、
意外と多くあるものです。

100%の禁止はむしろ害になってしまう
可能性があるので、適切な時間制限などの
ルールを敷いた上で、適度に使わせることが
最も現実的な方法ではないでしょうか?

まとめ

自分たちの子ども時代とは
全く違った環境になっているため、
子育ても非常に難しい判断が
迫られますよね。

これからも新しい技術がどんどん生まれ、
社会もより大きく変わっていくことでしょう。

常に生まれてくる新しい技術と
どう向き合うか、よく家族みんなで考え、
自分たちのルールを
定めていきたいところですね。

ClassyLadyサークルでは、
子育ての悩みを共有出来る仲間を
作ることも可能です!!

以下のイベントもぜひチェックして下さい。

同じ悩みを共有出来る仲間と知り合えるイベントはこちら

関連記事